四方山話,歯科医師会、同窓会

朝日高校同窓会

先日新聞に写真が載って思い出しました。今年のお正月1月2日に朝日の同窓会(同期会)がありました。前回多数が参加したのは20年近く前だったのでずいぶん懐かしい顔ぶれに再開しました。その前に、昨年夏頃から準備会と称した飲み会が何度もありました。いつもお店はY下の炭焼き「頌」です。ことの発端は製薬会社のM永が春から赤磐の内科医U野と大元の内科医M尾の担当になり、「同窓会やらんかようるで」と当院を訪れてくれたところからでした。M永の手腕は素晴らしく、あれよあれよという間にみんなに連絡をつけてくれて、「頌」での幹事会(?)を重ねるようになりました。2日はグランビアの一次会から始まりました。昔の友達は昔のままです。阪大医学部の教授Y下は主婦で臨床心理士のOさんにとっちめられ、「勉強になりました」とタジタジ。「N君今なんしょん?名刺くれえ!」とN君に言ってみたら、福島大学農学部教授でした。「みんな偉うなったのう!」とタジタジ。「F本はなんしょん?」と聞くと、K県警察本部長。「東大法学部は違うのう。みんな頼もしいのう」。今回写真係だったので、写真を撮って回りました。写真撮る毎についでくれるので調子に乗って飲んでいたら、医師兼主婦のH田に、「あんた、飲むばあせんと食べられえ!」と怒られる始末。ちゃんと料理取って来てくれました。二次会はいつものY下の「頌」。正月2日だというのに特別にオープンしてくれました。ありがとうY下!3次会は近くの庄屋さん。さあ帰ろうかと歩いていたら、「頌」のY下が。不動産屋のUと官僚のTと共に田舎家さんへ。Tは厚生労働省か!?お手柔らかに頼みまっさ!とりとめのない話で盛り上がり、気付いたら4時。これにて解散。その後も、「頌」での報告会や、次回の準備会(?)がもたれております。朝日同窓会1月2日山陽新聞.jpg

同じカテゴリのお知らせ