四方山話,学術

アレキサンダー講習会

12月に入ってすぐ厚労省の新規指導があると通達があり、一昨日終えることが出来ました。当院は保険の外科矯正を扱っており、保険医療機関です。新規指導は新規開業の保険医療機関が一度は通らなければいけない道です。11月末に東京に講習会に行きましたが、ブログの更新が出来ずにいました。新規指導のお話から始まったのは、ブログ更新が出来なかった言い訳ですね。114週目の日曜日と月曜日、東京の日暮里でアレキサンダー講習会プリンシプルコースがありました。アメリカからアレキサンダー先生が来られて模型実習を含めて直接レクチャーして下さいました。アレキサンダーシステムは岡山大学におられたK先生がお好きなシステムですが、018スロットを持いたライトフォースシステムで、側方歯部にシングルウイングのブラケットを用いる...程度しか知識がありませんでした。今回ようやく講習会に参加することができました。アレキサンダーシステムは長期の安定性(Long Term Stability)を第一義とするシステムです。患者さんが持って生まれたものに逆らわず、弱い力で自然に歯を動かす...こんなイメージでしょうか。これからもっとアレキサンダーを勉強し、日々の臨床に生かしていきたいと思います。Dr.ウィック・アレキサンダーはおそらく70歳を越えられていますが、ウイットに富んだレクチャーを展開され、非常に親しみやすい先生でした。また、大阪の黒田康子先生をはじめアレキサンダー研究会の先生方にも大変お世話になりました。ありがとうございました。帰りに新宿で友人と食事に行ったところ、美しいイルミネーションを見ることが出来ました。東京はスケールが違いますな。

模型実習.jpgウィックアレキサンダー.jpg

新宿.jpg イルミネーション1.jpg イルミネーション2.jpg 新宿時計台.jpg

同じカテゴリのお知らせ